リキュア鍼灸マッサージ治療院


リキュア鍼灸マッサージ治療院
ReCure Acupuncture Clinic

マッサージ
鍼灸治療
整体
カッピング
指圧
骨盤調整

リキュア鍼灸マッサージ治療院トップ鍼灸治療の適応症
 

鍼灸治療(針灸)の適応症
鍼灸治療といえば、肩こりや腰痛などとイメージがありますが、実際には様々な症状において効果を発揮します
足や腰の疲れ   頭や顔などの症状
腰痛 ギックリ腰 足のしびれ   頭痛 偏頭痛(片頭痛) 耳鳴り 頭重
坐骨神経痛(座骨神経痛)   めまい 花粉症 メニエール病
足腰の疲れ 変形性膝関節症  

三叉神経痛(顔面神経痛)

足のむくみ 足の疲れ 足首捻挫   メニエール症候群 眼精疲労(疲れ目)
骨盤のゆがみ   難聴 突発性難聴脱毛
膝の痛み 膝に水がたまる   ものもらい(麦粒腫)
脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア    

 
首・肩・腕・背中の症状   内科的な症状など
寝違い 肩こり 首のこり 首の痛み   胃もたれ 胃炎 胃腸炎 胃潰瘍

肩関節周囲炎症 (五十肩・四十肩)

  胃酸過多症 肝機能障害 肝炎
背中の痛み 腱鞘炎   腹痛 肝機能障害
背中のはり 手のシビレ 頸肩腕症   十二指腸潰瘍
むち打症 肋間神経痛    糖尿病・腎臓病などの疲労感
テニス肘 野球肘 ゴルフ肘 スポーツ疾患   高血圧症 低血圧症
    不整脈 便秘

婦人科的な症状など   その他の症状
更年期障害 のぼせ   不眠症 動悸 アトピー性皮膚炎の改善
不妊症 月経不順(生理不順)   脳梗塞後遺症 脳卒中後遺症
子宮筋腫 子宮内膜症   食欲不振 虚弱体質の改善 生活習慣病
月経前症候群(PMS)   パーキンソン 痛風 かんの虫 
妊娠中のつわり   自律神経失調症 関節リウマチ
 逆子(さかご・胎位異常)   外傷の後遺症 動脈硬化症 動悸 心身症
生理痛 冷え性   痔 風邪の予防 ネフローゼ
出産後腰痛   気管支喘息 性機能障害(ED) 冷え性
    ダイエット(耳鍼)

また、デトックス(毒だし)や、美容(美容鍼灸・美顔鍼灸)にも効果が期待できます

東洋医学(鍼灸治療)は、体質改善を目的にオーダーメイド(一人一人の体質・症状に合う)の治療をしています、よって、上記以外の症状でも、体質を改善させることにより体のバランスが整い、自己免疫力・自己治癒力が向上し症状を改善・治癒することも可能です

WHO(世界保健機関)で鍼灸治療の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。

鍼灸治療の適応症
WHO(世界保健機関)で鍼灸治療の有効性を認めた病気には、次ぎのものを挙げています。

神経系疾患
神経痛 神経麻痺 脳卒中後遺症 自律神経失調症 頭痛 めまい 不眠 神経症 ノイローゼ

運動器系疾患
関節炎 リウマチ 頚肩腕症候群 頚椎捻挫後遺症 五十肩 腱鞘炎 腰痛 外傷の後遺症(骨折,打撲,むちうち,捻挫)

循環器系疾患
心臓神経症 動脈硬化症 高血圧低血圧 動悸 息切れ

呼吸器系疾患
気管支炎 喘息 風邪および予防

消化器系疾患
胃腸病(胃炎 消化不良 胃下垂 胃酸過多 下痢 便秘)胆嚢炎 肝機能障害 肝炎 胃十二指腸潰瘍

代謝内分泌系疾患
バセドウ氏病 糖尿病 痛風 脚気 貧血

生殖・泌尿器系疾患
膀胱炎 尿道炎 性機能障害 尿閉 腎炎 前立腺肥大

婦人科系疾患

更年期障害 乳腺炎 生理痛 月経不順 冷え性 不妊症 逆子

耳鼻咽頭科系疾患
中耳炎 耳鳴 難聴 メニエール病 鼻炎

眼科系疾患
眼精疲労 仮性近視 結膜炎 かすみ目 ものもらい

小児科疾患
小児神経症(夜泣き かんの虫
消化不良 食欲不振 不眠)小児喘息 夜尿症 虚弱体質の改善

などがありますが、これらをみても鍼灸の効果の有用性の幅広さがわかります。鍼灸治療の目的は症状改善と同時に体質改善があります(体質改善により症状が楽になるといっても過言ではありません)。だから、鍼灸治療はさまざまな症状に発揮するといえます。

また、病院などで検査結果には何ら異常はなくても、現実に辛い症状がある方なども鍼灸治療の適応範囲といえます


※適応の場合でも、疾患の種類や軽重などにより、治療効果に差が出ることもあります。

禁忌症

禁忌とは、鍼灸治療を受けてはならない、あるいは受けないほうが良い状態や疾患を言います

急性伝染病 急性腹症 重篤な心疾患 血友病 悪性腫瘍(癌) 壊血病 紫斑病 免疫不全症 肺炎など高熱を発する疾患 血圧が著しく高い時あるいは低い時 酩酊時 精神異常時、その他重篤な状態にある時

ただ、悪性腫瘍(癌)などは、癌の完治というのを目標とするのではなく、痛みの緩和を目的とし、より生活しやすくするためには有効などの場合もありますが、上記の症状の場合は、より早く病院などで受診されることをおすすめします




 
copyright(c) 2005 recure acupuncture clinic all rignts reserved