リキュア鍼灸マッサージ治療院


リキュア鍼灸マッサージ治療院
ReCure Acupuncture Clinic

マッサージ
鍼灸治療
整体
カッピング
指圧
骨盤調整

リキュア鍼灸マッサージ治療院トップ鍼灸治療の適応症更年期障害
 
 
更年期障害

更年期とは、女性の一生は、大きく分けると「幼少児期」「思春期」「性成熟期」「更年期」「老年期」の5つに分けることができます。そのうち、更年期とは、卵巣の機能が衰え始め、女性ホルモンの分泌が急激に減少する「閉経を迎える時期の前後5年くらいの期間」のことをいいます。(通常、1年以上月経がない場合、閉経と判断されます)
日本人女性の平均閉経年齢は50歳くらいといわれていますので、更年期はだいたい45〜55歳くらいと考えることができます。

原因
女性ホルモン(エストロゲン)が急激に分泌低下するからです

それでは、女性の体とエストロゲンの関係というと
○女性としての、組織や細胞の機能の維持、丸びを帯びた女性らしい体をつくります
○骨にカルシウムを貯め、骨を丈夫にします
○善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らします
などの関係があり、とても重要です

このような重要な働きをするエストロゲンですが、ほとんどの女性は更年期を迎えるころになると、卵巣の機能が衰え、その結果、卵巣から分泌されているエストロゲンの量が急激に減少します。
エストロゲンの分泌が減ると、脳はこの減少を補おうと、エストロゲンを分泌を促す、卵胞刺激ホルモンを盛んに分泌し、エストロゲンの増加を促しますが、卵巣にはその力が残っていないために、エストロゲンの減少と卵巣刺激ホルモンの増加という、ホルモンバランスの乱れが起きてしまいます。

このような、ホルモンバランスの乱れにより、さまざまな症状がでてしまうのです。

一般的は、次の症状があります

ほてり、のぼせ(ホットフラッシュ)、発汗、冷え、むくみ、頭痛、めまい、不眠、いらいら、憂鬱、うつ状態、耳鳴り、立ちくらみ、疲れやすい、食欲不振、月経異常、しびれ、視力低下
こられの症状を不定愁訴といい、検査では異常が見られないが多彩な自覚症状を感じます

ただし、この症状が、必ず、更年期障害のものだということでなく、なんらか他の症状からの場合もあるので、注意が必要です。

治療法としては
ホルモン薬(ホルモン補充法)や、漢方薬、自律神経調整薬などが用いられることが多いようです

鍼灸と更年期障害

更年期障害による不定愁訴には、鍼灸も効果的なので、定期的に鍼灸をされることをおすすめします。すべての症状がとれるとは限りませんが、鍼灸をすることによりストレスの軽減、ホルモンや自律神経のバランスを調整し、つらい更年期障害の症状を緩和させます

暮らしの中の更年期障害の予防法
栄養のバランスのとれた食事をとりましょう
睡眠を十分にとりましょう
適度な運動をし、体力をつけましょう
更年期障害は誰にでも訪れるものであり、生理的なものだと割り切り、思いつめないようにしましょう

男性と更年期障害
男性も50歳を過ぎた頃から女性と同じような症状があわられることがあります。女性に比べ男性は緩やかですが、男性ホルモンの減少が影響しています。主に、のぼせ、動悸、性欲の減退、腰痛、不眠、不安感、焦燥感といった症状があわられます。




 
copyright(c) 2005 recure acupuncture clinic all rignts reserved