リキュア鍼灸マッサージ治療院


リキュア鍼灸マッサージ治療院
ReCure Acupuncture Clinic

マッサージ
鍼灸治療
整体
カッピング
指圧
骨盤調整

リキュア鍼灸マッサージ治療院トップ家庭で東洋医学・健康ブログ鍼のついて
 
          
家庭で東洋医学   東洋医学(はり・きゅう)であなたの健康増進をお助けします! 
    鍼(はり)について

鍼(はり)治療は、中国で発展し、日本に伝わった伝統医学です。
したがって、経験にもとづいて試行錯誤を重ねながら発展していったわけです。私たち鍼灸師が施術する場合においては、鍼(はり)を刺したり、刺入しないタイプのてい鍼と呼ばれるものを使ったりしますが、これから家庭で鍼をしようと思う方は、鍼(はり)の代わりに、つまようじ(他にも、編み棒やヘアピンなどでもいいと思います)を使ったりするのがいいと思います。先がとがって痛いとかんじるならつまようじの先端を軽くつぶして使われるといいと思います。ちなみに鍼灸院などで使われる鍼のサイズは一般的に直径0.14〜0.2ミリ(髪の毛の細さくらい)になります。鍼は痛いなあ、怖いなあと思われる方は、編み物の針や注射針を連想されますが、鍼灸治療で使っている鍼は、意外と細いですし、施術を受ける方は安心して受けていただけると思います。又、体に貼る鍼(はり)もあります。これが結構おすすめで効果もあります。
これは皮内鍼(ひないしん)と呼ばれますが、普通鍼といえば、刺している時間は短いとほんの一瞬、まあ、一般的に15分から一時間ぐらいだと思います。
しかし、この皮内鍼は、鍼自体は本当に当たってるって感じですが、効果はずっと貼っているので絶大です。
お灸などは最近、薬局で販売していますが、皮内鍼(ひしん ひ鍼)はあまり見ませんので、購入される方は楽天市場などで購入されてみてはいかがでしょうか?






皮内鍼とは?

短く小さい鍼を刺したまま、絆創膏でとめて数日の間、皮膚に貼っておくというものです。鎮痛効果も高く、スポーツ選手も愛用しています。鍼の長さは、1.3ミリくらいで皮膚膜に触れるか触れないくらいの長さなので痛みは感じません。鍼は、滅菌済みでステンレス製で折れたり錆びたりしません。


皮内鍼のよくある質問

Q.皮内鍼は何に効果がありますか?
肩こりや腰痛などの日常的な痛み、手足のしびれ、膝の痛み、あと急性のギックリ腰や四十肩(五十肩)などにも効果を発揮します。あと、経絡治療という考え方が鍼灸にはあるのですか、経絡に沿って皮内鍼を貼れば、内臓などの調子も改善させたりもします。結構痛みにはオールラウンドな働きがあります。


Q.痛くありませんか?
鍼が皮膚に変な角度で貼られていたり、又は、皮内鍼をこすったりすれば当然チクッとしますが、普段生活していくうえでは痛みはありません。

Q.どれくらいで効果がでますか?
早ければ貼った瞬間にも効果を発揮します。私も腰痛や四十肩などの患者様によく使用しますが、貼った瞬間に痛くて腰が動かせなかった方が腰の動きがよくなったり、痛みがとれたり、又、四十肩でも同様の効果が貼った瞬間に現れることもあります。だいたい半日を目安に効果がでると考えていただけるといいのではないでしょうか?効果に関しましては個人差、又は、貼った場所にもよるのでみなさん一緒というわけではないので、、、。

Q.どれくらい貼ったままで平気ですか?
だいたい一度貼れば2日から3日は大丈夫です。これも又、肌の強さが個人差があるので、一概に言えませんが、おおよさそれくらいは大丈夫です。しかし、もしかゆいと感じたならばすぐにはずしたほうがかぶれ予防のためにもいいです。


Q.鍼は折れませんか?
ステンレス製なので折れることはないです

Q.衛生面はどうですか?
鍼は、完全滅菌されて安全性はバッチリですが、私たち鍼灸師は常識として、消毒は当然やることとして認識しています。なので、皆様も皮内鍼を貼る際は、手指と貼る患部を清潔にエタノールなどでを使って消毒されることをおすすめします。

Q.金属アレルギーがあるんですが、大丈夫でしょうか?

金属アレルギーがある方でも、普通に施術する鍼も、この皮内鍼も金属アレルギーがでることはまずないです。しかし使用されてあわないと感じられたなら使用されないほうが良いと思います。

Q.お風呂は入って大丈夫ですか?
大丈夫ですが、貼った場所は強く擦らないでください。

Q.皮内鍼は何度も使えるのでしょうか?
私たちが患者様に普段使う鍼も、最近は一部を除きほとんど使い捨て(ディスポータブル)の鍼を使用しているところがほとんどです。やはり感染症などのことを考えると一回きりで捨てるのが当然だと思います。当然、皮内鍼も一回きり使い捨てとなります。

注意事項として、風邪で熱があったり、体調がすぐれない場合はご自分で鍼はしないでください


まとめとして
家庭で鍼をするとしたら、つまようじなどを使おう!
もし、ちょっといつもより辛いときやつまようじでは症状が改善されない場合は皮内鍼をおすすめします。ただし、鍼をする目的は、健康増進やちょっと疲れを取るときにしましょう。あまり辛いようだったら病院や鍼灸院に行かれることをおすすめします。
家庭で東洋医学
鍼について
お灸について
 
 

 

 

 

 



リキュア鍼灸マッサージ ご案内 初めての鍼灸 初めてのマッサージ

特徴・施術案内 料金一覧 よくある質問 家庭で東洋医学

鍼灸院・治療院ガイド 健康ブログ 鍼灸治療の適応症 東洋医学的体質チェック

免責事項 プレイベートポリシー サイトマップ ご予約・ご相談

 
copyright(c) 2005 recure acupuncture clinic all rignts reserved