リキュア鍼灸マッサージ治療院


リキュア鍼灸マッサージ治療院
ReCure Acupuncture Clinic

マッサージ
鍼灸治療
整体
カッピング
指圧
骨盤調整

リキュア鍼灸マッサージ治療院トップリキュア鍼灸マッサージ治療院特徴・施術内容鍼灸治療詳細
 
 
■鍼灸について


●鍼治療はなぜ効くの?

鍼灸がなぜ効果があるのかということは、日本を始め中国やアメリカでも研究所や医療機関、大学などにおいて研究がすすめられています。鍼灸治療においては、いろいろな流派が多く、これが鍼灸というのがないのが現状で、日本や中国においてもやり方に違いがあります。しかし、一般的な鍼灸の効果は次のようなものです。

■現代医学から見た鍼灸治療の効果
●血液やリンパの流れが良くなり、筋肉の緊張がゆるみ、血行促進
●脳内モルヒネ様鎮痛物質が分泌されることでの鎮痛効果
●鍼灸の刺激が痛みの刺激をブロックする(ゲートコントロール説)
●消化器・呼吸器・泌尿器などに働きかけ、それらのバランスを調整する
●ホルモンや自律神経のバランスを調整する
●白血球等が増加して免疫力が高まるなど生体防御機構を強化する
(風邪などを引きにくくする、病気になる前に予防)

■東洋医学から見た鍼灸治療の効果
東洋医学では、カラダの不調が起こるのは、気・血・津液という人体を構成する物質が、発病因子によってなんらかの障害をうけた場合と考えられています。障害をうけている気機の異常に見合った経穴(ツボ)を選択し、その経穴を刺激することによって邪気を取り去ったり、生気を補ったりします。それにより、カラダ全体のバランスを調えることができます。こういったことから東洋医学はオーダーメイドで一人一人に合わせた治療ができます。だから、同じ腰痛、肩こり、冷え症などの症状でも人により治療法がかわってきたりします。

■鍼灸治療はみなさんが本来もっている自然治癒力に働きかけ、病気に対抗するものです。
鍼灸治療は、現代医学において、「原因不明」や「もう治らない」といわれた患者様が最後にたどりつく場所でもあります。そういうもののうち、多くは現代医学において適切な治療法がないというのが本音ではないでしょうか?本来、人間や動物など自然の生き物には自然治癒力という素晴らしい機能が備わっています、動物などは薬をぬらなくても怪我など回復しています。このような自然治癒力を最大限に引き出していくのが鍼灸治療の一番の良いところといっていいと思います。このような鍼灸治療は、同じ腰痛や肩こりなどでも人によって治療法が異なったりします。これは鍼灸治療が症状ではなく、体質を改善させることにより、症状を結果的に改善させていくものであるからです。だから鍼灸治療というのは、すべての病を治せるとはいいませんが、すべての症状において、みなさんが持っている自然治癒力を向上させることによって病と闘っていくものです。

■当院の鍼灸治療の特徴として
●全身治療をおこなうことにより、より自然治癒力の向上、免疫力の向上などにつながります
●鍼は、髪の毛の細さくらいなので、痛みはほとんどありません
●ReCureのとおり、リラックス(癒し)からキュア(治療)まで幅広くカバーします
経絡治療本治法をベースに運動疾患から内臓疾患にまで効果があります
(東洋医学をべースにしていますが、もちろん西洋医学的な見方もいたします。例えば腰痛や五十肩を例にだしますと、腰痛では簡単にいうと、どういう姿勢でつらいということを見たり、五十肩でも同様、どのように腕を曲げると痛いかということを見ながら治療結果をフィードバックしていきます。しかし、鍼灸をする際には、経絡治療・本治法がベースになっています)

■経絡治療とは?
経絡治療とは、病気(症状)に対して、この病気はこの経穴(ツボ)だというようなものではなく、望診・聞診・問診・切診によって病の本質の証を導き出し、その証をもとに、鍼灸治療をすることにより、証のバランスをフラットな状態にし、結果、その方の全体的な体の力をアップさせ病気に勝っていこうという治療法です。この治療法の中で最も大事なのが、脈診・証・補瀉というものですが、東洋医学において病気とは、全身を巡っている経絡(生命エネルギーの流れるルート)の中を流れる気血の運行のアンバランスから生じていると考えられています。このアンバランスを鍼灸を用いて調整し、経絡の循環の流れをよくしていくのが、経絡治療です。このような全体的なバランスを正すことにより私たちが持っている自然治癒力に働きかけ、様々な症状を改善・治癒させていくことができます。東洋医学には「未病を治す」という考え方があります、病気になる前に、病気にならないような体をつくっていくのを目指した考えですが、「末病を治す」こそ、東洋医学のモットーといっていいでしょう。

望診とは、現代医学の視診のようなものであり、簡単に言うとパッと見たときの印象です。東洋医学では、それに五色などにより皮膚を判断したりしたり、舌を診たりします。

聞診とは、簡単にいうと、口臭や体臭などを嗅ぐということから、病巣がどこにあるか判断します。

問診とは、患者様に対していろいろと聞いたりすることです。

切診とは、脈をみたり、お腹を触ったりして判断することです。

これらの四診はどれも大事ですが、症状にもよりますが、私は、望診と問診そして切診(私は基本的に脈をみていきます)をベースに必要に応じて舌診をさせていただいたり、腹診をさせていただいております。

脈診とは、両手の手首にある6点の診断ポイントの脈の状態をみて診断する方法です。私は、脈診と頚部(首)のところの筋肉の緊張状態で証を診断することが多いです。


とは、その方の健康状態を東洋医学的に診断したものであり、現段階の体質・病因・病邪の位置や進行状態をしめすものです。この証により、同じ病名でも人により違う証が違ったり、同じ人でも病状の状態により証が変化したりします。

補瀉とは、証のバランスを調整する際に、臓腑の虚(少なすぎる状態)・実(多すぎる状態)のバランスをただすために、補(虚しているものを補う)瀉(実しているものを排出する)してバランスをとることです。


■本治法とは?
鍼灸治療の実力が一番発揮しやすいといっても過言ではないのが、この本治法です。証に合わせて、臓腑の虚実を補瀉(補ったり排出すること)することにより、証においての臓腑の虚実のバランスを整えることにより、自然治癒力・自己免疫力をアップさせ、症状を改善させていくものです。まさに鍼灸治療の真髄です。また、本治法と別に、標治法というのもあります、これは、症状にあわせて、例えば肩こりなら肩に鍼をしたりするものです。私は、この本治法をベースに、標治法で補うように施術しています。私も学生時代にはすごい不思議だったのが、この本治法であり、経絡治療であった訳ですが、例えば五十肩の患者様がいて、当然、肩に鍼をするのが当然と当時の私は考えるわけですが、先生が足のツボや肩以外のツボを使っても(経絡や証によって)見事に症状が改善するのが不思議でした。これは実際に体験されると信じられますが、なかなか見るまで本当かなと疑問に思ってしまいますが、実際に体験されると鍼灸の奥の深さを実感されると思います。

このように、鍼灸治療についてお話させていただきましたが、おわかりいただけたでしょうか?私の文章力の未熟さや専門用語がでてきたりして、ちょっとわかりにくかったかもしれませんが、鍼灸治療というのは、みなさんの自己治癒力に働きかけ、痛みの改善や体質改善などをするものです。なかなか症状が改善しない方や、定期的に体質改善を目指す方にはぴったりだと思います。ご質問などありましたら、こちらからメールをいただければ私の答えられる範囲でお答えさせていただきます。


鍼の適応症や、鍼灸Q&Aはこちらをどうぞ




 
copyright(c) 2005 recure acupuncture clinic all rignts reserved