リキュア鍼灸マッサージ治療院


リキュア鍼灸マッサージ治療院
ReCure Acupuncture Clinic

マッサージ
鍼灸治療
整体
カッピング
指圧
骨盤調整

リキュア鍼灸マッサージ治療院トップ鍼灸治療の適応症足のしびれ
 

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによる「足のしびれ」 

足の痺れ

しびれは、体のどこかで神経が圧迫などにより障害されることにより起こる症状ですが、様々な原因が考えられます。
しびれの原因は、内科的な問題から、脳の問題など背後に重篤な病気が潜んでいる場合もありますので、一度病院などで検査をされ、そういった重篤な病気ではないことを調べられまして鍼灸治療を受けられることをおすすめします。

病院などで内科的や脳などに異常がなく足や手にしびれがある方で鍼灸を受けた方で、また、原因がわからないが鍼灸を受ける方も、案外、神経のまわりの筋肉がすごく硬く緊張していたり神経を圧迫していたり、骨盤がすごく歪んだりしていることが多いです

足の痺れの原因

足のしびれの原因は様々な原因で考えられますが、先ほどの内科的な問題や脳の問題以外の、鍼灸の適応となるものは、次にようなものがあります

変形性脊椎症(変形性腰痛症)

腰が痛く、脚のしびれや異常感覚も伴う場合もあります。動き始めに痛みを感じ、動いていると痛みを忘れることが多いのが特徴であり、原因は、骨棘(こつきょく)と呼ばれる骨のでっぱりが神経を圧迫して痛みが起こると考えられています。この症状においても、鍼灸治療をすることにより、患部付近の異常な筋肉の緊張を緩め痛みを改善させます。

椎間板ヘルニア

腰椎と腰椎の間には椎間板というクッションをはたしているものがありますが、この中に、髄核というゼリー状のようなものがあります。これが、外圧などが原因で飛び出すことにより神経を圧迫することによって起こるものです。 主な症状として、腰から足先にかけてしびれや痛みがあり、他にも筋力の低下などがみられる。直腸膀胱障害(排尿ができない)があれば、手術が適応される。以前は、直腸膀胱障害がなくても、手術をすることが多かったみたいですが、最近は直腸膀胱障害がなれれば鍼灸やマッサージなどの保存療法が注目されています。

梨状筋症候群

坐骨神経が骨盤から足先へ下がる際に、骨盤の出口に存在する梨状筋という筋肉や腱により坐骨神経が圧迫され起こるものです。スポーツや自動車の運転のしすぎなどによっても起こります。症状は臀部の痛みや足先への痛みや痺れといったものがあります

脊椎分離症・腰椎分離症・腰椎すべり症
学生時代などに激しい運動をされていた方に多く見られるのがこの症状で、腰痛下部に痛みがあり、時には下肢に痛みやシビレがあるのが特徴です。この症状の面白いところに、腰椎が分離(すべり)していても、痛みがある人と痛みがない人がいることです。このことからわかるように、分離(すべり)していても必ず痛みがでるということではないです。この症状に方も、鍼灸治療をすることにより、腰椎周辺の筋肉の緊張を緩和させることに痛みを改善が可能です。

脊柱管狭窄症

脚のしびれがひどく歩行障害を伴うが、少し休憩すればまた歩け、腰痛が伴うこともあります。50歳以上の男性に多いのが特徴です。加齢に伴い、脊柱管が細くなり、神経や血管が圧迫されるために起こるものです。この症状においても、鍼灸治療により痛みの改善が可能です。

また、坐骨神経痛は病名と思っていらっしゃる方が多いと思いますが、坐骨神経痛というのは病名ではなく、臀部や下肢に痛みやしびれが出ている症状のことを指します。その原因として椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、脊柱分離すべり症などがあります。

■足の痺れの鍼灸治療法

足のしびれといっても、さまざまですので、その症状に応じて鍼灸治療を行いますが

基本としては
痺れの原因を探し、それが筋肉の緊張によるものなら、筋肉を緩めます。また、その緊張が冷えからくるものならお灸で温めます。
また、骨盤のゆがみなどによれば、骨盤矯正などを行い、骨盤を正しい位置にもどします。
それにより神経の圧迫を改善します

また、足の痺れに対する鍼灸治療の上手な受けたかとしては
軽い腰痛など足のがしびれがくる前段階で鍼灸を受けたりして、予防をはかり、もし、痺れを伴う腰痛などになったら、早い段階で鍼灸などを受けましょう。そのままにしておく期間が長ければ長いほど良くなるまで時間がかかります。




 
copyright(c) 2005 recure acupuncture clinic all rignts reserved